« JO2012@inazawa.com | トップページ | つばさ »

2012年11月18日 (日)

JBC東海地区3人チーム戦×浜松航空ショー

東海地方のクラブ、企業、学校が3人1チームになって競うJBCのチーム戦、浜松毎日ボールまで来ております。

この11/17,18開催ってのは、少々”難あり”の開催日であって、18日は自衛隊浜松基地の航空ショーとかぶっているのですよ。

なにが”難”かというと、浜松という場所は岡崎から高速を使って、1時間半みておけば、余裕で行ける場所なのであり、宿泊するには高くつくので、日帰りで2往復するのが筋。

しかし、18日の浜松西インター付近はかなりの渋滞が予想され、高速も市内も車が動かないと言われております。

さらには個人戦ならともかく、団体戦なので”遅刻”は言語道断、選手集合も前日より1時間早い8時半とあって、家を出るのは朝6時か?とか、いろんな心配をするくらいなら、宿泊しちまえ思った頃には、浜松の宿泊施設はどこも満室。

ならば、最終手段。

 

 

”車中泊”

 

 

 

ビアンテに乗り換えた時に、いつかはボウリングの遠征で車で寝泊まりすることもあるだろうと、大人2人が寝れるくらいの1BOXにしなくてはならんだろうと思っていたのが、現実になったわけですよ。

 

 

この大会、日替わりのレーンパターンになっているようです。

初日

Cimg3412 外は散ってしまいそうなので、中央を絞って攻めた方が吉かと。

実際、多くの選手が中央を絞って投げていました。

卓は2インチ、4インチのミッションリアライズを投げ比べて、第1シフトに臨んでいましたが、相も変わらず、練習投球の使い方が下手。何も意図が感じられないので、本当に何を見るべきか分かっていないのが見え見え。そのままゲームスタートになって、試合中に掴んでいくしかないお決まりのパターン。これじゃ、スロースターターのレッテルは剥がせないよ。

そして、ジャパンオープンの時もそうでしたが、イージーミスが本当に多い。各ゲームで必ずやらかす。本人は練習不足の一言で済まそうとするけど、それ以前に取り組み方の問題。35km/h以上の弾丸系のボールが投げれるのだから、いっそスペアは曲げずにまっすぐ速球でとることに方向転換したらどうだ。頭使わんでいいぞ。

そんな感じで打ち上げることができず、216-167-188の571。マイナス29で第1シフト終了。

周りもレーンが難しいようで4の字続出の様子。チームメンバーのN夫妻もそろって4の字スタート。岡崎GBのデイリーパターンになれると、外の難しいのは打てないのよねってのと、ここのアプローチの軽さも半端ないらしい。ここ以上軽いところはないというくらいの岡崎GBより軽いとN婦人。N主人も軸足がすぐ回転してしまい何回も足にボールをぶつけて投球してしまったとか。

第2シフトはリアライズの4インチとミッションドミネーションを比べて、ドミネーションを選択。5インチ半のレイアウトなので奥まで走りやすく、ピン前の動きは緩やかな角を出す程度のドリルにしてあるので、過激さはない。

まあ、後半になればいつも使っているボールなので、イメージもしやすいしスコアになっているボールでもあるから、これでプラスが打てないなら、師匠から”地獄の特訓”をしてもらうまでかな。というのは、今回、兄弟子も出身地の静岡のチームから参戦しており、個人のスコアで負けた方が”地獄の筋トレ”らしき特訓の罰ゲームとなっているのですよ。

地獄の特訓が嫌なのか、一応、プラスは打ちおった(笑)。

223-197-186の606。2シフト合計で1176のマイナス23。

 

初日はこの2シフトで終了。車中泊で宿泊分が浮いたと思えば、いつものすき家やココ一じゃなく、少しはいいもの食わしたるかな。

岡崎にはない”BIG BOY”(←うちレベルでのいいもの)でW大俵ハンバーグ注文しよった。

Big_boy パパのカットステーキ、全体の半分と大俵ハンバーグ1個の4分の3(の大きさ)という中途半端なトレードをした。

その頃、後のシフトで投げていた兄弟子に連絡。兄弟子もほとんど同じようなマイナスのスコア。明日で地獄行きが決まります(笑)。

 

その後、向かったのは”湯風景しおり”。スーパー銭湯ですわ。疲れを取るには温泉ということで、近くて新しくきれいなところを事前に調べておいたので、ここに直行しました。

Shiori ここ、すっげー快適で明日も時間があったら来てもいいかなと思う”シルクイン”っていう白濁の露天風呂があった。身動き取れないうちの風呂とは違って、手足が伸ばせる温泉ってほんとに快適。

そんでもって、時計は夜の22時。明日の朝の食事をコンビニで買って、浜松毎日ボウルに帰宅(笑)。車の中に居れば常に帰宅か。

早起きだったので、卓は早々に寝息を立てて毛布にくるまっていた。夕方の第2シフトは睡魔と闘いながら投げていたそうだ。

パパもジャスコで300円で買った目覚まし時計をam7:00にセットして横になった。

 

 

(寝れん)

 

 

 

シートを倒しても多少の段差があるので、体がうまいことその凸凹にFITしないと寝心地がよくないのよ。それに外は結構強風で車も振れるし、卓の寝返りでも車は揺れるし。

(これも経験だ。)← 一応、悟った。

それ以上に心配だったのは、明け方の放射冷却の寒さで卓に風邪をひかせてはならないこと。日の出頃の時間に目覚まし、セットし直しましたわ。

 

で、いつのまにか寝ていたらしく、目を覚まして時計を見たら、午前4時。目覚ましが鳴るまでにもまだ早すぎる時間に目覚めてしまった。外は真っ暗。

 

爺の早起きかよ。

 

結局、そのまま寝れんかった。さすがに明け方は冷えてきたので、エンジンをかけて暖房を入れた。横になったまま空を見ると戦闘機が2機ずつ飛んでいくのが窓越しに見えた。

(ああ、この航空ショーのために車中泊したんだ。)

 

そして卓も目が覚め、大会2日目に臨むのでした。

 

Cimg3415 2日目は中央のオイルに広がりがみられ、前日よりは易しくなっている印象。

 

卓はリアライズ、ドミネーションの他にタブーB/Sも持ち込んでおり、その登録料も追加で払っている。しかし、タブーを投げていない。パパにはタブーの方がリアライズよりもコアが強い印象で、同じ2インチでもタブーの方が勝負ができると思っている。

そのことを前日の銭湯の帰り道に卓に話し、卓も明日はタブーとドミネーションでいってみると話していた。

しかし、練習投球をはじめると、当然のようにリアライズ2個で投げ続けている。

パ:「タブーは試さないのか?」

なんか渋々、バックから取り出すととりあえずラックに入れた。その後すぐ投げる訳でもなく、残りピンによっちゃあ、カバーボールを投げたり。ようやくタブーを投げたかと思うと、その1球でバックへ収納。

(なんだ、その”やりましたよ感”は)

卓:「あれは、使えん。」

一言、ぼそっと言ってパパを無視するようにまた戻っていきました。確かにリアライズより食い込む感じがして、フッキングが強かったですが、立ち位置もろくさらアジャストすることなく、なんの基準で却下するんですか。

そして何よりも腹立たしいのは”練習投球でさえ使おうとしないボールの登録料を払ってまで持ち込むな”。

てめえ、いつか己の財布から一枚くすねてやる。

だからね、やることやってから判断すれば、だれも文句は言わないの。お前は本当に中途半端だから、いつまでたっても成長がないの。

 

卓は師匠に言わせると”超感覚ボウラー”でセオリーだのなんだのよりも、自分の感覚を研ぎ澄ました方がはるかに結果に繋がるらしく。だから、指導していても常識が通用しないことがかなりあり、ポリッシュしたボールが落ち着いたりと、ある意味、ポテンシャルの高さは認めるが、不思議な要素をいっぱい持っている未知数な弟子らしい。

で、タブーを無視して投げたリアライズで、

 

”278”打ちおった。

 

10フレ1投目で厚めに入って2-8のインザダーク。スペアのストライクでまた、パーフェクトを逃した。途中は外で曲げていい感じだったが途中から絞りたいのか?と思わせるようなラインになり、ある程度の幅はあったのは見えていたけど、今ライン変える必要はないんじゃない?とか見てて、やはり不思議具合満載だった。

シリーズ700は堅そうな展開だったところ、最終ゲームでダボが来なくなり、BIG5、7-10も出て694で終了。(236-278-180)ここは打ち上げにゃ。

ちなみにこの第3シフトでへなちょこさんの3男君がパーフェクトを達成。これで3兄弟、すべてがパーフェクト達成者、ですよね?

 

結局、チームとしては決勝に進めず、ここで終了。兄弟子との地獄行き争いは、卓のBIGゲームが効いたらしく、3マーク差で卓に軍配。兄弟子、首を洗って岡崎へ帰りましょう。

センターの外は浜松基地での様子が眺められ、遠くに居ながら航空ショーを楽しめました。

狙い通りの動画も撮れたので、いっちょ(素人レベルの)編集魂に火をつけてみようかな。

ノーマルバージョン

 

”TOP GUN”バージョン


 

|

« JO2012@inazawa.com | トップページ | つばさ »

ボウリング」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

JBC」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

どうもお久しぶりです。
東海地区3人チーム戦、参加したかったのですが、仕事の都合で参加できませんでした。
まぁ仕事があってのボウリングなので仕方がないです。

25日に全日本選手権の選考会が始まりますが、仕事が多忙でなかなか投げる日が無く練習不足なのが心配です。
でもやれるだけのことはやってみようと思います。

投稿: ソニック | 2012年11月21日 (水) 午前 12時48分

3人チーム戦、お疲れ様でした。

センターに到着したのが、渋滞の影響で7フレが終わったところでした。
あれストライクが続いてるって感じでまさか、あの三男が東海大会で
パーフェクトを出すとは思ってもみませんでした。(笑)

センターから逆走して、新東名の浜松浜北ICから三ヶ日JCTまでは快適に走行。
これでけも浜松西からよりは、はるかに時間短縮。
でも三ヶ日からの渋滞は半端ではなく...
果てしなく、三重は遠いのでした。

投稿: へなちょこ | 2012年11月21日 (水) 午前 11時37分

>ソニックさん

お久しぶりです。
先日サンガーデン、行きましたよ。
少年団の交流会で。
全日選考会、卓も出ます。
お互い頑張りましょう。

>へなちょこさん

こんばんは。
帰りの浜松西まではICに入るまでの一般道でちょっと渋滞しましたが、
入ってからは快適でしたよ。
やはり、三ヶ日の合流渋滞はそれなりにありましたが、
予定より15分遅れくらいでした。
まだ早い時間だったので、その後が本当の渋滞だったんでしょうね。

三男君、ハイゲーム賞、おめでとうございます。
卓も8G目にパーフェクト出してれば、
高校1年生が2人でハイゲームだったんですけどね。
次に期待しましょう。

投稿: 卓パパ | 2012年11月23日 (金) 午前 12時09分

お疲れ様でした。

車中泊には寝袋をお勧めします。
あったかいですよ。


帰りの東名は浜名湖から岡崎まで2時間かかりました(汗

投稿: ヒゲオヤジ | 2012年11月23日 (金) 午後 08時36分

>ヒゲオヤジさん

こんばんは。
あの渋滞何とかなりませんかね。
部分的3車線は根本的な解消になりませんし、
三ヶ日ジャンクションは新たな渋滞スポットになったし。
今年はサンタさんに寝袋をお願いします。

投稿: 卓パパ | 2012年11月26日 (月) 午後 07時40分

The following time I read a weblog, I hope that it doesnt disappoint me as a lot as this one. I imply, I know it was my choice to learn, but I truly thought youd have something interesting to say. All I hear is a bunch of whining about something that you might fix if you happen to werent too busy in search of attention.

投稿: Sydney | 2014年1月24日 (金) 午前 06時09分

I precisely desired to thank you so much once again. I’m not certain the things I would’ve undertaken in the absence of the type of tips and hints shared by you directly on such subject matter. It was a real frightening issue in my opinion, but taking a look at this specialized fashion you treated that made me to weep for contentment. I’m thankful for the advice and believe you recognize what an amazing job you were getting into instructing the rest by way of your webblog. I’m certain you’ve never come across any of us.

投稿: Stella | 2014年2月 9日 (日) 午前 05時26分

cheap jerseys wholesale from china free shipping

投稿: http://www.sibowl.com/SiteUrls.html | 2015年1月 1日 (木) 午後 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JO2012@inazawa.com | トップページ | つばさ »