« 【回想録】東海オープンジュニア部門 | トップページ | JO2012@inazawa.com »

2012年10月21日 (日)

アブラロンマジック

今日はJBCのジュニア研修で幸田セントラル。

パパは少年団の指導なので、終わってからの合流。4Gの記録会の後のフリー投球と”1ショットトーナメント”やらを見た。

お、ななちゃん。

先日の新人戦で少年の部優勝のななちゃんにおめでとうを伝え、いろいろ山口での話を聞く。

な:「みんなが落ちていったっていうか・・・。最後にストライクがくれば、大会新記録だったんですよ。」

ななちゃんとは最後の全中の前に一緒にキョーイチまで練習に行った仲。それはよそ様の娘さんでも嬉しいんですよ。

 

記録会では経験のあるなしで差が出るレンコンとなっており、ある程度読めている高校生クラスはそれなりに打っており、経験のない小学生などは散々なスコアになっておりました。

普段はそれなりに打てる妹弟子も140アベくらいまで落ち込む有様。

ち:「全然ダメでした~

 

開き直っとるし。

 
 

じっくり見てないからレンコンがよくわからんので、いろいろ見て回る。

 
 

・・・・・・なるほどね。

 
 

パ:「ちほ(妹弟子)、ど真ん中にボール落としのちょい出しで投げてごらん。」

 

素直にやる出来の良い妹弟子。

 
 

そして見事にポケットライン。そこ投げてりゃ、180アベは打てたのに。 

手前の外側はオイルが無くて、10ft.も行かないうちから曲がりはじめ、当然のように裏へ行く。真ん中の手前はオイルがかなりあるようで、必要以上に板をまたごうとすればガターまで抜けていくし、落ちないにしても戻ってこない。小学生には何していいかわからんだろうな、このパターン。

 

卓はプラスちょろのアベ205(4G)。それなりに経験積んできたということか。

 
 
 
 

夜は”兄弟子”と練習する予定でグランドへ。

 
 

練習中の2人の横に現れたのは、”あっこさん”

121020_195958 何か、困っているようす。

121020_195903 先日のランワンカップで調子が悪かったため、福岡プロにボールのことで相談に来ていたようだ。

師:「まず、PAPを測定してみましょうか。」

あっこPに投げてもらい、ナローポイントから手際よくPAPを出し、ボールのマス角、VAL角を出していく。

師:「イメージのいいボール、悪いボールを持ってきてください。」

あっこP:「これが一番いいやつ。こっちはなんなのぉ?て感じのへぇ?どうしたいのぉ?ってボール。全然使ってない。」

ものの数分で6,7個のボールにレイアウトラインが再現され、傾向が見えてきた。

師:「デュアルアングル(マス角・VAL角の合計)、大きいほうが好印象のようですね。」

あっこPがいいイメージを持っているボールはデュアルアングルが120°前後、80°を下回るくらいからイメージが悪いボールになっていた。

 

そこで、プラグしてドリルし直すのかと思いきや、取り出したるは”アブラロンパッド”。

 

師:「イメージの悪いボールにこれ、当ててみます。」

#2000番にクリーナーを噴きつけて擦り、ボールはシャイン(てかり)からダル(くもり)に変化。

師:「投げてみてください。」

 

そのボールはバックエンドで曲がりそうだけど曲がってこない、なんとも煮え切らない動きをしていたアナーキー。パパに言わせれば、アナーキーは動きの過敏なストームの中でも融通の利きそうなボールなんだけどなあ。

そして、言われるままに投げるあっこP。

 

ゴロゴロ。

 

あっこP:「へ?なになに!?」

ボールは手前のスキッド、転がり感を出しながら、バックエンドでは緩やかにしっかりキャッチしながら入っていく。

 
 
 

あっこP:「えーーーーー!!」

 
 

121020_200234  
あっこP好みのボールに生まれかわった。

 

あっこP:「なんなのこれ!?」

あっこPのその場にあったボールを見るとすべてパールの走り系。PINも4インチ以上のレイアウトがほとんど。

あっこP:「ボールって、パールとソリッドとハイブリッド(パールとソリッドの混合)があるんだよね?私、よく考えたら光ってるパールばっかりだ。」

手前の走り具合、転がり感などの好きなイメージを聞くと、必然的にパールの5インチ当たりのレイアウトと予想がつく。


 

パ:「パール素材でも曇らすことで別物になりますよ。」

師:「卓もパールに#500とかかけて投げた方がイメージがいいみたいなんで。」

あっこP:「あたし、今まで”箱出し命”だったから、なんで売ってる一番良しとされる状態のボールをいじるのか分からなかった。」

師:「レイアウトは間違っていないので、表面処理でしたね。」

あっこP:「あたし、アナーキーなんてボールじゃないと思ってた。」

そこまで言うか(笑)。

 

何はともあれ、使えないボールが”超お気に入りボール”に化けた。

 

あっこP:「あたし、ドリルとか表面加工はまったく素人だから。」

しかし今まで、パールばっかりでよく予選通過してきたね。

 

明日の承認大会は近年稀にみる”グリッターあっこ”で臨むそうです。

 

その頃、となりのBOXでは日頃の筋トレをサボり続けている卓が、スーパーマンのポーズ(体幹を鍛えるには効果的)をやらされていました。
121020_212101 小町:「にいちゃん、飛んでないよ。」 

|

« 【回想録】東海オープンジュニア部門 | トップページ | JO2012@inazawa.com »

ボウリング」カテゴリの記事

JBC」カテゴリの記事

コメント

ジャパンオープン、師匠の福岡プロと一緒に出るようですね。
それより、チーム戦のチームメイトの名前を見てびっくり。
どこでどういう繋がりがあったのでしょうか。
想像がつきません。
よろしければ教えてくださいませ。

投稿: 大阪の卓のファン | 2012年10月25日 (木) 午前 01時07分

はじめまして
石川県に住むkeyと申します(変わるかも…)
ボールのレイアウトで悩みネット上をウロウロしてた時に
卓パパさんのHPを発見し過去ログから読み直した者です
卓君とパパのやり取りは時に笑い、時にうなずきと楽しませて頂いております

実は福岡Pのコメント等々が
気になり昨日の夜、福岡Pに会いに行ってきました
いきなりの訪問でしたが大会前日なのに優しく詳しく教えて頂きました
福岡Pの事を詳しく書いてあったおかげとまずは卓パパさんにもお礼を申し上げたくコメントを残します
ありがとうございました

追伸 たまたまですが卓君の練習風景見ました
「おお、HPと同じだ」と一人で嬉しくなって帰って来ました

投稿: key | 2012年10月25日 (木) 午後 09時32分

>大阪の卓のファンさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
今回、初めてのジャパンオープンを
師匠と出れることになりました。
4人チーム戦のパートナーペアは
ネットでローダウンの動画配信をしている
沖縄のSKYTOMOさんとそのお連れの方ということで、
福岡PとSKYTOMOさんが知り合いと繋がりで今回の結成となったようです。
うちのblogでもSKYTOMOさんの”ようつべチャンネル”に
リンクしているのですが直接お会いしたことはないので、
今度のジャパンオープンが初対面になります。
どんな展開になるかはわかりませんが、
かなりオイルを削る輩がかたまっていることは間違いありません。
ちなみに全中TV決勝で解説をした下地プロと同箱のようですので、
あの時から1年経った卓の姿を見てもらえそうです。


>keyさん

はじめまして。
コメントありがとうございいます。
卓から”石川県から来た人と話した”と聞きました。
師匠のドリルの知識はかなりのレベルですので、
結構参考になったのではないでしょうか?
何よりも研究熱心ですし、常に知識を得ようとする姿勢が
素晴らしいと思っています。
試合では結果が出ないことが多いので、
周りからはコーチングに専念したらどうだとか
言われ続けているみたいですが、
試合の場でしか得られない情報もあるので、
生涯現役として続けていくために、
トレーニングも欠かしていません。

見習うことがいっぱいあるのですが、
卓は”努力を惜しむ”人間なので、
その辺が残念すぎるのであります。

家内が北陸(富山)の人間ですので、
石川も年に数回行って投げてます。
(金沢のジャンボボールばかりですが)
 
昔ほど更新頻度が高くないblogですが
なにかあれば更新していきますので
またご覧になってください。

投稿: 卓パパ | 2012年10月25日 (木) 午後 11時21分

卓パパさんへ
ていねいな解説ありがとうございます。
SKYTOMOさんとの回しあい、楽しみですね。
きっと、卓君にもいい刺激になると思います。
話は変わりますが、福岡プロのプロテスト(大阪シービック千代田)を見学に行ってました。
確か、その時にパーフェクトを出したと記憶しています。

投稿: 大阪の卓のファン | 2012年10月26日 (金) 午前 02時15分

>大阪の卓のファンさん

師匠のプロテストはもう5年前の話ですね。
当時のプロテストの状況を聞いたことがあります。
1日だけ外早中遅のレーンがあった以外、
基本的にハイスコレーンだったと。

師匠の46期生はこの近辺にも、師匠の他、
佐野P、岩切P、佐渡島Pといった同期生がおり、
今でもいい関係で切磋琢磨しています。
偶然なのかみんなグランドボウル関係者です。
(佐野プロは所属ではないですが
リーグ等で頻繁に出入りしています。)

投稿: 卓パパ | 2012年10月27日 (土) 午後 12時37分

卓パパさんへ

御返事ありがとうございます
福岡Pのお話は大変参考になりました
私は、なにぶん頭でっかちなので腕が頭に追いついていませんが
出来る限り知識を生かしていきたいと思っています

実はうちの家内もボウリングをするのですが
(まだまだ下手くそですがw)
一度同じボールを買った時に
私とまったく違う事を言うので
「こいつは一体何を見てるんやろうか?」と
疑問を持った事がありましたが
福岡Pの4スタンス理論の話を聞いて
なるほどと納得もいった次第です
たぶん私と家内はまったくタイプが違う…

今度は愛知にボールを持っていって
福岡Pのレッスンを受けたいと思っております
なにぶん安月給の身なのでいつ行ける事やら…

ジャンボボールの写真等も拝見しています
愛知から富山まではなかなか遠いと思いますが
お越しの際はお気をつけてお越し下さい
(最近、変な走り方をする車が増えてます…)

卓パパさんもボウリングの腕前は凄そうなので
卓君に負けるなどと言わず
いつまでもギャフンと言わせる存在であって下さい
そして親子のやり取りをいつまでもブログで取り上げて下さい

投稿: key | 2012年10月27日 (土) 午後 04時01分

>keyさん

私なんぞ、腕前はごく普通の素人レベルですから。
でも、卓がアジャストできないレンコンでは、
確実にラインを合わせて勝てる自信はありますよ。
4スタンスってのは、ボウリングのための理論ではなく、
普段の生活する中でいかに効率よく体のバランスを活かして
生活していく理論ですし、
無駄なことをせずにいきなり本題に入れる、道標的な利点があります。
師匠の指導はタイプ別に方向性を示したうえで、
さらにPBA理論と個人の特徴を掛け合わせたものとなっています。
(卓と兄弟子はおなじB2タイプですが、指導内容は異なっています。)
今までの一般的な指導に対し、明らかに真逆な発想の部分が多いですから、
それを抵抗と取るか新鮮と取るか・・。
ボウリングってのがそもそも曲げようと思えば曲がらず、
力が抜けた時に一番ボールが走ったりと、
”天の邪鬼なスポーツ”ですからね。

投稿: 卓パパ | 2012年10月28日 (日) 午後 11時28分

お久しぶりです!

ジャパンオープン、このままの順位ならマスターズ進出行けそうですね♪
この調子で頑張って欲しいです!!

投稿: ライジング | 2012年11月 9日 (金) 午前 10時32分

>ライジングさん

お久しぶりです。
JOのレーンパターンはホームで曳いて、
さらには前日の公式練習もやって準備していましたから、
かなり使うボールのシュミレーションも出来たと思います。
ただ、初めてそのパターンを投げた時は
2時間投げても攻略できず、
まったく対応できなかったアジャスト能力ですから、

最後の個人戦で

「レーンが卓に合わせてくれれば勝算あり」

です。

誰でもそうですが・・。

まさしく今、稲沢で最後のシフトを投げている最中ですが、
激遅になったレーンでどんな対応をしているか、
結果がどうあれ、いい経験になっていると思います。

投稿: 卓パパ | 2012年11月 9日 (金) 午後 08時39分

モンクレール ダウン レディース

投稿: モンクレール ダウン メンズ | 2013年7月31日 (水) 午後 07時54分

Hi there, I discovered your website by the use of Google even as searching for a related topic, your website got here up, it appears great. I've bookmarked it in my google bookmarks.
parajumpers salg http://www.schonnemann.dk/inc/pjs13.asp

投稿: parajumpers salg | 2013年9月20日 (金) 午前 12時07分

谁说少了你的安慰,就要和寂寞的咖啡

投稿: 博彩网 | 2013年12月29日 (日) 午後 03時50分

Major thankies for the article.Really thank you! Really Cool.

投稿: Gianna | 2014年2月 9日 (日) 午前 05時26分

Thank you much for this particular post. I are very enthusiastic about what you have to say. I will be back to determine what other stuff you submit.

投稿: Sydney | 2014年2月20日 (木) 午後 10時58分

ブランドコピー 時計 - ブランドコピー 時計
○各種のブランド偽物(コピー商品)の指輪.ネックレス
○各種のブランド偽物(コピー商品)のベルト
○各種のブランド偽物(コピー商品)のマフラー
○ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
○ S品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
○必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
○ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です.
人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。
全て激安特価でご提供.お願いします。
ブランドコピー https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-24.html

投稿: ブランドコピー | 2020年5月17日 (日) 午前 03時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【回想録】東海オープンジュニア部門 | トップページ | JO2012@inazawa.com »