« 【師匠伝承】右肩の固定編 | トップページ | 今年のGW① »

2011年5月 3日 (火)

【師匠伝承】”走り”編

だだっぴろスパンにしてから”ボールの走り方がまったく変わった”という話はフォーム改造前に書きましたが、子供ってのは大人以上に適応力に長けており、年明けの頃はボールを落としそうというレベルじゃなく、何もできずに落ちてしまう状態だったスパンの広さが、昨今は握れるし、リフトもできるという状態になっていました。

またさらに広くせにゃならんのか?

手前を走らせるって事に関しては師匠から弟子入りする前に言われた最初のファクターでありました。

師匠:「たっくんのボールはスピードがあるけど、手前のボールの走り方はスピードの遅い自分(プロ)の方があるでしょ。」

表現するにはちょっと理解しにくいかもしれないけど、速度の速いスピードボールがすべて走っているというかとそうじゃなくて、ボールをリリースした瞬間から”勝手にボールが行ってしまう具合”とでもいうのかな?同じスイング速度で投げてるグリッターとポリッシュではポリッシュのほうが手前、走っていくなぁって感じ。昔、ブラックウィドーパールを投げさせてもらった時、何じゃこのボール、手前の走り、半端ない!と驚いてカバーストックに興味をもったっけ。

その手前の走りってのの何が大事かって言うと、オイルがないと当然そこから摩擦が発生して奥での爆発させるためのパワーを何割か手前の段階で消費してしまうので、曲がりが弱くなったり、なんか物足りないピンアクションになったりすることが多い。軸移動が早い段階で始まってロールアウトしちゃうってやつね。(そればっかりじゃないけど)

じゃあどうやったら”走らせれる”?

卓の場合は、まず「スパンを広くした」。ボールがフィンガーに乗ってプッシュ&プルの要素を減らして純粋に転がすために。さらにはリリース後の手の形は「パー」がMUST。

そして「フォワード(縦回転)重視(小指先行、中指にはほとんど入れないなど)」にして、最後は「へそを出す」。

 

へそ?

 

師匠:「たっくん、もっとへそを前に出すつもりで投げてごらん。」

 

よくリリースの時に腰を入れろという指導があります。体重の乗った力が伝わっているボールは腰が入ったいいボールと言ったりします。

しかし少年団の指導の時でもそうですが、子供に腰を入れろと言ってもなかなか理解できない子ばかりで、腰の入っている状態すらわからないのほとんどです。

そこで師匠の言う「へそを出す」というのが逆転の発想で、へそを出そうとすれば、胸を張って腰が入ってくるという子供にもわかりやすい指導になります。大人でもわかりやすいですよね。このへそを出そうとする意識が「腰が入る」→「フラットスポットが長くなる」→「押し込み強化」→「回転数UP」→(「多少のミスも回転数でカバー」→)「ストライク率UP」となる構図です。

この”へそ”に助けられた試合もありました。JBCの年代別県予選が4月の頭にあった時、難易度の高いレンコンで今までなら4の字必至のパターンでしたが、”へそ”だけを意識して投げた9G、ほぼプラマイ0でクリアできました。

パ:「この指導法は使える・・・。」

 

その次の少年団から「へそ、へそ」言うパパでした。

 

卓はこの”へそ”までの工程を費やして、グリッターをポリッシュ並みの走りで投げれるようになり、かなり試合運びが有利になりました。奥で暴れるポリッシュを使わず安定してくれるグリッターで引っ張る時間が長くなりましたから。

ただ問題は・・・。

 

 

いまだにラインが読めない。

|

« 【師匠伝承】右肩の固定編 | トップページ | 今年のGW① »

ボウリング」カテゴリの記事

コメント

今日はご無沙汰しております、napです
久しぶりの更新連発楽しく拝見しております。
私も参考にしてアレコレと試しておりますとは言っても半年や1年ではとても身に付く内容ではないのですが努力は続けたいと思います。

by(^0_0^)nap

投稿: nap | 2011年5月 5日 (木) 午前 09時49分

どもども!
最近は卓先生に指導を仰いでるねこ師匠です(笑)

「へそ」ねぇ…この言葉(単語)にのみ囚われてもしょうがないし、その時に適した例えだったんでしょうが
本気で「へそ」のみを出そうとすると上半身が突っ立った状態になりますよね?
「腰」じゃぁ伝わらない、「へそ」じゃぁ誤解を招かない。
うむ~ 指導って難しいんですね(;ω;)

投稿: ねこ師匠 | 2011年5月 5日 (木) 午後 01時02分

>nap300さん

こんばんは。
子供は案外たやすくやってしまうことが多いです。
しかし、崩れること、戻ってしまうことも簡単です。
大人は逆で覚えにくいけど忘れにくい傾向。
(いつも意識している課題を前提ですけどね)
そうなってくるとやはり努力にかなうものなしとなります。
どこかでヒントを掴んだらその応用で
自分のスタイルを確立すればいいのですから
考えて投げることが一番大事ですね。

投稿: 卓パパ | 2011年5月 5日 (木) 午後 09時58分

>ねこ師匠

GWのホスト役、乙でした。
”へそ”の話ですが、こんな流れでした。

程よい前傾姿勢がとれ、
レベレージ姿勢ができている

しかし”手投げ”になっており
いまいち手前の走り具合が鈍い

へそを出しなさい

前傾、レベレージ姿勢、蹴り足、
重心移動(フラットスポット追従)
などある前提での”へそ”という指示と
解釈しております。

ロバスミの「蹴って転がせ」に通ずるところだと思います。

まあ私はこれ以上へそを前に出すと
下を向いた時につま先が見えなくなるので
出しませんが(爆)

投稿: 卓パパ | 2011年5月 5日 (木) 午後 10時17分

へそを出せとは私も言われた事ありますよ。球を挟んでへそを出せ(男子のみ)だそうです。

投稿: あまなつ | 2011年5月 8日 (日) 午前 11時29分

>あまなつさん

こんにちは。

球の挟み具合の詳細を
教えてくださいませ(笑)

投稿: 卓パパ | 2011年5月 9日 (月) 午後 07時33分

Thank you, I have recently been searching for information approximately this topic for ages and yours is the best I have came upon so far. However, what concerning the conclusion? Are you positive concerning the source?

投稿: Faith | 2014年1月22日 (水) 午前 08時32分

Enjoyed every bit of your blog. Will read on…

投稿: Emily | 2014年2月 9日 (日) 午前 09時10分

Dead written content material, Really enjoyed reading through.

投稿: Lauren | 2014年2月19日 (水) 午後 06時43分

すっごーい!君は玉転がしが得意なフレンズなんだね!

投稿: | 2018年1月26日 (金) 午前 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【師匠伝承】右肩の固定編 | トップページ | 今年のGW① »