« そして、また、きっと。 | トップページ | 分析してみた »

2010年5月16日 (日)

”こどもチャレンジ”~ダブルス戦~

OBF(岡崎市ボウリング連盟)は今年設立40周年を迎えます。

OBFもパパと同じ”前厄”です。だからどうした。

 

OBFは年に11回の大会がありますが、そのうちの1回がダブルス戦になっており、近年はスポンサーさんの関係で”お花屋さんダブルス戦”というタイトルがついています。

 

今回はローおじ親子を交えてこれに参戦し、その中で、

”本戦そっちのけ『こどもチャレンジ・ダブルス戦』”を開催!身内で勝手に。

一緒に少年団で指導をしている”ローダウンで投げたいおじさん”とパパでチームを組み、”ローダウンで投げてる息子”と卓でチームを組みます。本戦では小学生は20/G、中学生は10/Gのハンデがつくので、子供チームは1Gあたり30ピンのアドバンス。しかし、気分的にはスクラッチ勝負。←ちょっと弱気

試合が始まる前にレーン設定をした巨匠が、

「今日はハイスコにしたから300、いっぱい出ちゃうよ。」

と言っていたので、その言葉を信じ、

練習投球で・・・・

5枚目をまっすぐ投げてみる。

7枚目をまっすぐ投げてみる。

10枚目をまっすぐ投げてみる。

パ:「全部、まっすぐにしか行かへんやん。」

恐ろしいくらいに早いレーン。←(参考)300G以上投げた初代セルでの投球

ローおじのエボルブはさすがに新しいので多少は動くともポケットまでは届かない。

パパ、クロスぶち込みの”昭和40年代ボウリング”決定。

一応、

パ:「こういうボウリングは本当につまらんよ。」

とぼやいておいて、気分が乗っていない”ふり”を周囲にアピールしておく。

クロス投げは内ミスした時に露骨に裏へ行っちゃうし、フィンガーのひっかかりや手のひらの向きを間違えるとハウスボールのような球が3-6のはずれポケットに行ってしまう。

こんな玄人が見ても素人が見ても”ただのミス”しか見えないボウリングは、ネーム入りのユニフォームを着てしまうと、「個人情報をさらした上でのへたくそ」以外なんでもない。

それでもちょっと前まではクロスに投げるのが苦手でしたが、最近は案外得意。別の角度から見れば、「ボールのへたり具合」と「クロス投げの精度」は反比例している。

一方、レーンの端っこ、1番レーンを陣取っているパパ達から離れること、8BOX。そこで投げている卓とロー息ぺアは様子がわからないものの、ばあちゃんや”ローおば”が交互にやってきてあちらの情報を教えてくれる。

どうやら”ロー息”が快調に打っているらしい。1G目はスクラッチでプラスなのでハンデ込みにすると230あたりかと思いながらも、あくまでもスクラッチ勝負。←徹底

卓はどうなんだろうと思っていると、安田プロがやってきて、

P:「卓の新しいボール掘れたからもって行ったら、そのまま投げてるよ。」

パ:「!?」

復帰した時に備えて用意していた900グローバルの”ブレイクポイントパール”のドリルを頼んでおき、ちょうど試合の最中に掘りあがったということで、プロが卓の所に持っていたら、今から投げてみると。

「試合中」、「くそ早いレンコン」、「練習なし」でいきなり投げられてしまったブレイクポイント。しかも走りのパール。卓にはセオリーというものがない。

2G目が終わったところで、小学女子ペアで参戦していた少年団の”ちなつ”がやってきて、

ち:「せんせー、192打てたよ

とわざわざ言いに来た。最近安定してフックボールが投げれるようになったこの娘には小学生ハンデ20と女性ハンデ15のあわせて35のアドバンスが常に付きまとう。

パ:「先生だって、226打ったもんねー。」

と言いながら”ちなつ”の点を計算する。

(192+20+15・・・・・227)

負けとるやん。

さすがにこの娘までスクラッチ勝負という訳にはいかん。急遽”ちなつチャレンジ”開幕。

いっこうにラインが掴めないローおじ、思わぬ伏兵”ちなつ”の登場に大ピンチ。

3G目に入った頃にはちょっとずつレーンの変化が現れボールの動きが徐々に厚くなりだした。平行移動、前後移動、スパット変更といろいろアジャストする引き出しはあるものの、結局”力いっぱい”投げた。

だって、何していいかわからないんだもん。

ローおじもひたすら投げていたラインがもう少しでポケットに通じるという所まできていたが、無情にも3Gが終わってしまった。せっかくのダブルス戦だったんだからライン取りとか作戦を立てて臨むべきだったと反省したが、”曲げれない者同士”になにができたんだろう。

 

”こどもチャレンジ”結果

(あくまでもスクラッチ勝負)

  卓  :167-135-258:560

ロー息子:211-169-191:571

子供チーム:スクラッチ:1131、ハンデ込トータル:1211

パ  パ :189-226-175:590

ロー おじ:154-184-191:529

父親チーム:トータル:1119

 

屈辱の”スクラッチ負け”

 

そして”ちなつチャレンジ”結果

パパ  :Ave.196.6

ローおじ:Ave.176.3

ちなつ :スクラッチ  Ave.17○.○

     :ハンデ込み Ave.20○.○←敢えて伏字。

 

ローおじの不調は”パパよりもいい球を持っていた”。ただそれだけ。

 

しかし卓にローハイ123ってのはなんだ?

終わってから聞いてみた。

卓:「あのブレイクポイント、使えるわー。」

パ:「何ゲーム目から投げたん?」

卓:「1G目の5フレくらいから。」

3G目:258。←OBFジュニア褒章ゲーム。それはわかる。

2G目:135。←「あのブレイクポイント、使えるわー。」

どこがやねん。

 

一応本戦では子供チームが4位(3位とは2マーク差)で、父親チームはハンデ込みの”ちなつチーム”とどっこいどっこい。

魂を抜かれたような”ローおじ”が立ち尽くすのでした。

 

で、今日いきなり実戦球となったブレイクポイントパール。

Bpp

ピンアップの”11時45分”にしてみました。もうひとつ用意している”黒い球”はピンダウンの”1時10分頃”のレイアウト予定です。

Bbp1【動画】:ブレイクポイントパール

今日はエッジまで出さないとポケットに入らないようですが、これを『もっとタイトに』投げさせるように、フォームやリリースをいじります。はい、恒例の全中前の大改造です。

しかし、卓といい”ロー息子”といい、なんでこんなくそ早いレーンで真ん中から投げれるんだ。

試合後、久しぶりに巨匠が卓の後ろにいたので、卓に巨匠の所に行かせました。「どうやったらもっと幅を取らないで投げれるかと教えてもらいなさい」と。BIGがいきなり打てたといってもかなり暴れ気味なのは自分でもわかっているはず。

面倒見のいい巨匠はいつも夕方の勤務でうちが普段来る時間とはあまりかぶらない。しかし、なにか教えてくれる時は必ず卓に何かしら影響を残す。今日もいろいろ時間をかけて話してくれていた。

20分くらいして話が終わり、卓が聞いてきたことをパパに話した。

卓:「・・・・・・・、・・・・・・・・なんだって。」

パ:「・・・・・・・。それ、パパがずっと言ってきたことと同じじゃん。」

卓:「なんかに例えてくれないとよくわからない。すばるプロみたいにとか。」

パ:「なんで”具体的”を教えてるのに、”抽象的”にしないと理解できんのだ。」

イメージ先行型人間・卓。

 

しばらくして巨匠がやってきて、

巨:「卓ちゃんがね、本人はどうにもつまらないと思うだろうけど、狭い幅で”つまらないボウリング”をしたら、あれだけの球を投げる子だから、天下を取ると思うんですよ。まあ、今自分に出来ないこともいろいろ卓ちゃんに言っちゃいましたけどね。」

骨折の後にとても励みになる言葉をもらった。

今回のブレイクポイントパールは多少暴れるだろうと踏んだ上で、このドリルパターンにしました。オイルを感じることやアクシスチルトを本気で考えないと投げれないようなニューボールを持たせれば嫌でも意識するであろうと。

卓:「練習ボールの時に”曲がらない場所”を探すんだって。」

ようやく”つまらないボウリング”に目を向けてくれるようになったか?

 

《つまらないボウリング》

①クランカーが必要最低限だけのフックでタイトに投げ、地味にスコアを出す。ボウリングを知っている人はわかる、ある意味”褒め言葉”。

②パパが昭和40年代のボウリングをする。やっているほうも観ているほうも本当につまらない。

 

今日の卓(Ave.187)

Taku100516

|

« そして、また、きっと。 | トップページ | 分析してみた »

ボウリング」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

OBF」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています
遅くなりましたがブログ復帰お待ちしていました
全中入賞期待したいと思います(^^)

自分は5月1日にティーチングプロライセンスが発効になり
矢野プロのセンターで週に1回練習会開催させて戴いてます
練習積んで昭和40年代のボウリングで2次通過狙います(^^;

また関東上陸の際はご連絡下さい(^^)

投稿: よこちん | 2010年5月18日 (火) 午前 10時51分

ブログ復帰おめでとうございます。
(*⌒▽⌒*)
卓くん:ボーリング頑張ってね
コマチちゃん:プリキュアが好きなんだ(可愛い)ココナは「み〜つけた」(教育テレビ)が好きです。コッシーとサボさんとスイちゃん♪

パパ・ママ:また富山に来たら遊んでね☆

投稿: ゆうこ | 2010年5月18日 (火) 午後 02時45分

>よこちんP

ご無沙汰しております。
ライセンス証、ボウタウの日記で見ましたよ。
改めて実感が出てきたのでは?

厚木の赤フー、いつかは行くつもりです。
高速料金はしばらく据え置きと今日のニュースでやってましたが、
総選挙までが1000円のリミットかな?

>>練習積んで昭和40年代のボウリングで2次通過狙います(^^;

って、よこちんのする40年代ボウリングと私のではまったく精度がちがうので、
一緒にしたらいけません。

よこちんP=味のある”つまらないボウリング”。玄人好み。
私=味も素っけもない、ただつまらないボウリング。小町にへたくそと言われる。

投稿: 卓パパ | 2010年5月18日 (火) 午後 07時56分

>ゆうちゃん

こんばんは。
ママと小町が7月に富山へ行くと
言ってました。
当てにならないですが。
その時は遊んでね。

投稿: 卓パパ | 2010年5月18日 (火) 午後 09時36分

久しぶりです 
26日に東名ボールでロバートスミスプロのチャレンジがありますが投げますか

投稿: 鷲見 理伯 | 2010年5月20日 (木) 午前 12時30分

卓パパさん、こんばんは。

コメント遅くなりすみません。
いかんせんショックで・・・(嘘)
今週体調が優れませんでした。

子供チャレンジお疲れ様でした。
息子に2連敗(稲沢のプロチャレから・・・トホホ)
自分を早く追い越してほしいという思いはありますが、
まだ現役でいる以上子供には負けたくありません。


巨匠と卓君が話していた時、自分も横で聞いていて勉強になりました。
ただ出来るかどうかわかりませんが・・・(笑)

頑張りますよ。

投稿: ローダウンで投げたいおじさん | 2010年5月21日 (金) 午前 01時20分

>鷲見君

こんばんは。
新しいボールが900グローバルということもあり、
同行しているデイブさんにレイアウトのことを
聞こうと思っていくつもりでしたが、
肝心の卓に「チャレンジ行くか?」と聞いたら、
「どっちでもいい」と
パパが一番嫌いな応え方をしたので、
連れて行くつもりは”ノミの金玉”ほどもありません。
いつもこういうことばかりなので、
こいつは本当にボウリングに興味があるのかいまだにわかりません。

投稿: 卓パパ | 2010年5月21日 (金) 午後 10時35分

>ローおじ

こんばんは。
ローおじのキャラじゃないですけど、
ああいう、だめな時こそ、
明るく投げないといけない気がしましたよ。
こういう時は私のような自虐キャラが活き活きしてます。
6/20の40周年大会は
”ちなつチャレンジ・リベンジ編”
ですよ。

投稿: 卓パパ | 2010年5月21日 (金) 午後 10時49分

そうですか
了解です
久しぶりに一緒に投げれるかもと思っていただけに残念です

投稿: 鷲見 理伯 | 2010年5月22日 (土) 午後 02時25分

《つまらないボウリング》はまじぽらんのボウリング辞書に載せてもらいましょうかw

卓君の「どっちでもいい」は確かに親としてはげんなりしそうです(笑)が、遠慮してるのかもしれませんよ。
平日ですもの…クリニックは昼間だし。きっとその辺も考えてくれる年頃なんですよ。

投稿: ねこ師匠 | 2010年5月23日 (日) 午後 08時42分

>鷲見君

チャレンジ頑張ってきてください。
AMF系のチャレンジですので、
ジャロスの時に優勝した蓮君が
そのままメーカー契約という
サプライズもある東名ボールですから。

投稿: 卓パパ | 2010年5月23日 (日) 午後 09時23分

>ねこ師匠

いやいや、遠慮のえの字もないっすよ。
だって、晩御飯、何がいい?
と聞かれた時の
「なんでもいい」
と同じ口調でしたから。
どうしてテーブルに残っているドーナツを見つけた時の
「食べてもいい?」
と聞いてくる積極性がボウリングに見られないか、
ここ5年間、疑問です。

投稿: 卓パパ | 2010年5月23日 (日) 午後 09時27分

Intimately, the post is really the greatest on that worthwhile topic. I fit in with your conclusions and definitely will eagerly look forward to your next updates. I’m just saying thanks. It’s cannot simply be enough, for the amazing clarity in your writing. I can immediately grab your rises feed to stay abreast of any updates. Pleasant work and much success in your business endeavors!

投稿: Makayla | 2014年1月23日 (木) 午前 03時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして、また、きっと。 | トップページ | 分析してみた »